FXの勉強今日から即戦力!

Menu(項目) fxの勉強(11)

サポートとレジスタンス

このページでは、サポートとレジスタンスについて詳しく説明します。この記事は、以前の記事ヘッドアンドショルダーを理解して読み進めるとより効果的です。まだ読まれていない場合は以前の記事をお読みください。この記事の一部として、以下のポイントについて詳細に説明します。

サポートとレジスタンスとは?

サポートとは?

「かなりの期間で価格の下落を止めるのに十分な需要があり、実際のまたは潜在的な購入」がサポートの役割です。そしておそらくここまでの下落を反転させるだけの力があります。価格を再び上昇させる事ができます。

レジスタンスとは?

レジスタンスは、実際のまたは潜在的な供給として、価格が一時的に上昇するのを防ぐ抵抗帯です、おそらくその上昇傾向を取り戻すには不十分です。売り手のための公正な価格と報酬のリスクはもっと大きいものになります。

フリッピングとは?

これらの価格レベルは、役割を常にサポートからレジスタンスへ、そしてレジスタンスからサポートへと切り替えます。以前のレジスタンスは、それを超えると、その後の下降トレンドのサポートゾーンになります。そして、それが浸透した後の古いサポートは、その後の前進フェーズのレジスタンスゾーンになります。」

なぜサポートとレジスタンスが重要なのか?

これらのポイントはランダムではなく、市場によって作成されたものです。これは需要と供給の力の瞬間的な変化を表していると言えます。

買い手は市場をスイングの高値より上に動かすことはできませんでした。これは、その時点では、誰もが高値よりも高い価格を提供しようとはしなかったことを意味します。トレーダーは高値のスイングを超える価値を付けなかったと言えます。 したがって、その後、価格が高値に近づく、またはその近くまたは上にレートがある状態の時、トレーダーは以前にそのポイントを上回って購入することに価値がないことを覚えておく必要があります。ほとんどのトレーダーがそれから意見を変更していないと仮定すると、価格は高値を超える可能性は低くなります。実質的に、スイングの高値は、市場が上昇しないように抵抗する価格帯となります。これが、抵抗領域と呼ばれるものです。

市場の構造がわかったら、市場が現在どのフェーズであるか(累積または分布、または上または下)を見つけます。

サポートとレジスタンスの背景にある心理学

説明のために、市場の参加者をロング組、ショート組、待機組という3つのカテゴリーに分けましょう。

  • ロング組はすでに買い注文を持っているトレーダーです。
  • ショート組はすでに売り注文を持っているトレーダーです。
  • 待機組は、どちらの側に参入するかについて未定のままであるトレーダーです

価格がサポートレベルになると、価格を見逃すのを恐れているトレーダーは、価格がサポートに近づいた瞬間に取引に入り、安い価格で入手します。そして、十分な買い圧力がある場合に市場はその場所で逆転します。

その後、価格が変動したり、しばらく蓄積したりしているサポート領域から市場が上昇し始めたとしましょう。 ロング組は喜んでいますが、それ以上購入しなかったことを後悔しているでしょう。市場が再びそのサポートエリアの近くに戻る場合、彼らはロングポジションを増やすことができます。

彼らが市場の間違った側にいるショート組、ショートした場所に戻るのを期待して、彼らが入った市場(彼らの損益分岐点)から抜け出すことができます。 最後の待機組は、価格が上昇していることを認識し、次の良い買いの機会に長いサイドで市場に参入することを決意します。 3つのグループすべてが「次のローソク足で購入する」ことを決意しました。価格がサポート近くまで下落した場合、3つのグループすべてが新たに購入すると価格が上昇します。

ここで逆に、上昇に動くのではなく、レートが下落すると想像してみましょう。以前の状況では、価格が上昇したため、市場参加者の反応が組み合わさって、それぞれのマイナス面の反応が追加の購入で満たされました(それによって新しいサポートが作成されました)。ただし、価格が下がり始めて前のサポートゾーンを下回ると、反応は正反対になります。サポートゾーンで購入したすべての人は、間違いを犯したことに気づきました。

参加者の3つのカテゴリー(ロング、ショート、待機)によるサポートを作成したすべての要因が機能します。市場での以前の買い注文はすべて、市場での売り注文になっています。サポートゾーンはレジスタンスゾーンになります。

サポートとレジスタンスのゾーン

サポートとレジスタンスレベルとゾーン

サポートとレジスタンスレベルは、ゾーンのより詳細で異なるレベルです。レベルはライン(線)で、ゾーンは帯です。実際には、サポートとレジスタンス、供給と需要のゾーンは同じ起源から形成されています。 サポートとレジスタンスはエリアであり、ラインではありません。

何故そうする必要があるのか?それは次の2つの問題に直面するからです。

  • 価格が「アンダーシュート」し、取引を逃してしまう。
  • 価格が「オーバーシュート」し、サポートとレジスタンスが壊れていると想定してしまう。

価格は「アンダーシュート」で、取引に失敗しました。これは、市場が支持線と抵抗線に近づいたが到達していない場合に発生します。

次に、反対方向に反転します。そして、市場があなたの正確なSRレベルをテストするのを待っていたので、あなたは取引を見逃します。

価格が「アンダーシュート」し、取引を逃してしまう。

価格が「オーバーシュート」し、サポートとレジスタンスが壊れていると想定してしまう。

これは、市場がサポートとレジスタンスのレベルを突破し、トレーダーがそれが破綻していると想定したときに起こります。したがって、ブレイクアウトを一旦は果たしていますが、それは誤ったブレイクアウトであることを理解するために必要なことです。このタイプのプライスアクションは、滞在期間で判定する事ができます。

よくあるオーバーシュートの例

これらの2つの問題をより簡単に解決する方法は?

サポートとレジスタンスは、線ではなくグラフ上の領域です。SRゾーンを発見するための2段階のプロセスがあります。

  • チャートを折れ線グラフに切り替え、レジスタンスの線をマークします。
  • 再びローソク足チャートに切り替え、マークされたラインの近くにローソク足の高値・安値をマークし、ゾーンを作成します。

サポートとレジスタンスゾーンの描き方

サポートとレジスタンスのタイプ

  • 動的(移動平均)
  • トレンドライン
  • 横型(サポートとレジスタンス)

同じチャートから上記のサポートとレジスタンスを探してみましょう。

サポートとレジスタンスのマルチタイムフレーム

マルチタイムフレームでのサポートとレジスタンスの基本理念

  • サポートとレジスタンスの力は、監視している時間枠に依存し、時間枠が高いほど、それが機能する確率が高くなります。
  • すべての時間枠のサポートとレジスタンス作業を通じて、時間枠が長いほど利益が増加します。
  • 低い時間枠ではノイズが多くなります。

より高い時間枠とトップダウン分析を使用して、より高い時間枠のSRレベルにさらに比重を置く事ができます。 主要なサポートとレジスタンスレベルに焦点を当てるには、まず、分析のために取引時間枠に適用する前に、より長い時間枠でそれらを見つけることを提案します。

たとえば、週足チャートからサポートとレジスタンスのレベルを確認するのです。次に、それらを日足チャートに落として、取引するタイミングを探します。この方法により、チャートに潜在的なサポートとレジスタンスレベルを無数にあふれさせるのではなく、重要なサポートとレジスタンスレベルにのみ集中する事ができます。

サポートとレジスタンスの形成される場所

サポートとレジスタンスはどこで形成されていますか?

  • 任意の時間枠でのサポートの最初のポイントは、前のバーの高値です。
  • 任意の時間枠での最初のレジスタンスポイントは、前のバーの安値です。
  • サポートとレジスタンスの2番目のポイントはピボットポイントです(ハイスイングとロースイング)。
  • エリアから拒否されたゾーン。
  • 統合ゾーン。
  • フリッピングはサポートとレジスタンスの両方として機能しています。
  • 窓開けポイント。
  • フィボリトレースメント。
  • トレンドラインとMA。

サポートとレジスタンスの強さ

強い支持と抵抗

サポートとレジスタンスのレベルがどの程度重要であるか、またはどれだけ強いかを決定する際に考慮すべきいくつかの要因があります。これらの要因は次のとおりです。

  • 発生数。 はじめてのリトレースの数値。
  • ボリューム。特定の価格レベルでの相対ボリュームが高いほど、価格レベルが重要なサポートまたはレジスタンスになる可能性が高くなります。
  • 価格はどのようにそのレベルを離れたか?価格はゾーンからの離れ方が強いほど、そのゾーンでの不均衡な需要と供給が増えると言えます。大量の注文はスマートマネーによって行われます。
  • 価格はゾーンでどれだけの時間を費やしたか? 価格がゾーンで費やす時間が短いほど、価格レベルの需給バランスが崩れます。スマートマネーが積極的に参入するとき価格が遡って将来のレベルをテストしていると言えます。
  • ゾーンに戻る前に、価格はどのくらいゾーンから離れたか? そのゾーンに戻る前に価格がゾーンから離れるほど、リスクと確率に対する利益が大きくなります。

サポートとレジスタンスの崩壊

チャートのより高い領域で価格が落ち始めたとしても、買い手が以前の大幅な安値以上のレベルで市場を維持できている限り、技術的には依然として強気です。初期の支配が強いほど、市場が最初の逆転の試みを開始する可能性は低くなります。

  • サポートは下降傾向に陥る傾向があります。
  • レジスタンスは上昇傾向で壊れる傾向があります。
  • SRレベルで狭い範囲がある場合、サポートとレジスタンスは壊れる傾向があります。
  • より頻繁にサポートとレジスタンスをテストすると、このレベルが弱まり、レベルが下がります。

サポートとレジスタンス(SR)がテストされる回数が多いほど、それは弱くなり、レベルを壊します。

Comment Form is loading comments...