FXの勉強今日から即戦力!

Menu(項目) fxの勉強(11)

マルチタイムフレームについて

このページでは、マルチタイムフレームについて詳しく説明します。この記事は、以前の記事トレンドとデイトレを理解して読み進めるとより効果的です。まだ読まれていない場合は以前の記事をお読みください。この記事の一部として、以下のポイントについて詳細に説明します。

  • マルチタイムフレーム分析とは?
  • マルチタイムフレーム分析で傾向を理解するには
  • fx取引でマルチタイムフレームを使用する方法
  • マルチタイムフレームのメリット
  • マルチタイムフレームの原則

トレンドの分析

現在のトレンドを特定しましょう。

現在のトレンドを特定したら、レートが横ばい相場もしくは逆方向に進む為にどういった値動きが起こりえるのかを予測する必要があります。一般的な反転パターンは以下のいずれかに該当します。

一般的な反転パターン

  • 急騰、急落
  • 1.2.3リバースパターン
  • ダブルトップ、ダブルボトム
  • レンジ
  • ヘッドアンドショルダー

フラクタル構造とは

フラクタルとは、一部が全体と自己相似な構造を持っている図形のことです。たとえばこの図形は、シェルピンスキーの三角形と呼ばれるものです。この図形を4等分したものは元の図形と見分けがつきません。

フラクタルはfx相場に応用する事ができます。

小さな時間枠から大きな時間枠まで「パターン内のパターン」を探します。大きな時間枠でのスイングでは、いくつかの同一の小さなタイムフレームスイングで構成されている事を知ることができます。

マルチタイムフレーム分析

複数の時間枠でチャートの分析をする事は非常に重要です。ここでは代表的な3つの時間枠を見てみます。

小さな時間枠から大きな時間枠まで「パターン内のパターン」を探します。大きな時間枠でのスイングでは、いくつかの同一の小さなタイムフレームスイングで構成されています。

マルチタイムフレームでトレンド分析

マルチタイムフレーム分析には2つの重要なルールがあります。

  • 大きな時間枠がトレンドを確立しています。
  • トレンドの転換は、最初に小さい時間枠から始まり、上位時間枠に拡大していきます。

大きな時間枠がトレンドを確立とは?

これはつまり、より大きな時間枠のトレンド傾向がはっきり見られる場合、より小さな時間枠で引き戻しが見られるという事になります。

トレンドの転換は、最初に小さい時間枠から始まり、上位時間枠に拡大していくとは?

これはつまり、変化する構造は、最初に短い時間枠のグラフに表示されます。

マルチタイムフレームを使用するコツ

より小さな時間枠での「もどり」と大きな時間枠での「修正」の開始を区別する事が出来ます。

トレンド転換が起きる前に転換の可能性を見つける事もできます。

マルチタイムフレームを使用する利点。

トレーダーがより大きなタイムフレームの重要な着目点をより小さな時間枠から求める事で、その日の重要なトレードポイントをいち早くトレードする事が可能となります。これは、エントリーを微調整するようなものです。例として60分のチャートにパターンを設定し、5分のチャートを使用してエントリーを確認します。

時間枠を組み合わせることにより、リスクをより効果的に管理できます。トレーダーは、より大きな時間枠で完了するパターンについて、より短い時間枠でストップを動かすことを学ぶことができます。

大きいものから小さいものへの複数の時間枠を使用すると、トレーダーは、より長い時間枠に反する小さい時間枠で形成される反対または反対のパターンに気付くのに役立ちます。

Comment Form is loading comments...