FXの勉強今日から即戦力!

Menu(項目) fxの勉強(11)

需給ゾーンで取引する方法

このページでは、需給ゾーンで取引する方法について詳しく説明します。この記事は、プロの投資家と取引する方法の続きになりますので以前の記事をお読みください。この記事の一部として、以下のポイントについて詳細に説明します。

  • 市場の構造
  • 需給ゾーンとは?
  • 需給ゾーンを見つける方法
  • さまざまなタイプのゾーン
  • ゾーンの信頼度
  • 需給ゾーンの崩壊
  • 需給ゾーンでの取引のコツ

市場の構造

価格(レート)は次のように段階を踏んで変化していきます。

  • 蓄積
  • 再蓄積
  • 上昇
  • 分布
  • 再分布
  • 下降トレンド

蓄積: 彼らは買いによって変動供給を停滞させます。このプロセスは蓄積と呼ばれます。この後、急上昇させて価格を積極的に引き上げます。

分布:彼らは、往復で得られたより高いレートを利用して、そのことを知らないトレーダーや投資家に売り戻し始めることにより、利益を得ます。

需給ゾーンとは:サポートまたはレジスタンスの境界領域のみの需給価格帯。

上の画像では、需要ゾーン(広範なサポートレベル)と供給ゾーン(抵抗の広いエリア)を確認できます。

供給が需要を圧倒して、需要が供給を圧倒する価格帯での注目ポイント。

  • 相場が供給ゾーンにぶつかると、価格が下がります。その後、売り注文で利益を上げる事ができます。
  • 需要ゾーンにぶつかると需要のサポートにより、価格が上昇します。買い注文で利益を上げることができます。
  • 供給ゾーンが一度突破されると、それが需要ゾーンになり、需要ゾーンからの何度かの戻り相場(pullback)があります。これは長く続く事もあります。

需給ゾーンを見つける方法

供給ゾーンと需要ゾーンを見つけるコツ

  • チャートを見て、連続する大きなローソク足を探します。レートが大きく変動しているセクションがそうです。
  • レートが素早い動きを始めた相場(通常は横ばいの相場でのプライスアクションエリア)を探します。
  • さまざまなタイプの需給ゾーン

    需給ゾーンにはさまざまなパターンがあります。より一般的なもののいくつかを以下に示します。

    • トレンド継続パターン
    • トレンドリバースパターン
    • フリップゾーン

    トレンド継続パターン


    トレンドリバースパターン


    フリップゾーン

    ゾーンの信頼度

    ゾーンの信頼度はレートが需給ゾーンをどのように離れたのかを分析する方法があります。

    レートがゾーンから離れ強くなるほど、そのゾーンでの需給バランスが崩れます。重い大量の注文は彼らによって行われています。

    ゾーンでの滞在時間

    レートがゾーンでの滞在時間が少ないほど、価格レベルの需給バランスが崩れます。需給ゾーンのバランスが崩れている価格レベルでは、レートはそのレベルで費やす時間が最短になります。

    レートがどのくらいゾーンから離れたのかを分析する

    そのゾーンに戻る前にレートがゾーンから離れるほど、リターンによる利益が大きくなります。

    レートはゾーンに何回近づいているかの分析

    初めての戻り場が最も強力なものになります。近づく回数が多くなるほど、ゾーンから供給(売りを吸収して)ゾーンはその力を弱めていきます。

    需給ゾーンが崩れた時

    ゾーンが何度も試された後、または強い動きの中で、需給レベルは最終的に突破されます。残りの注文が続々と消化されていく為、または逆方向の圧倒的な量の注文が価格レベルを崩壊へと導きます。

    この時のプライスアクション

    • 価格がこれらのゾーンの近くまたはそこに留まり、大幅に下落が起きない場合は、そのゾーンが壊れる可能性が高い
    • ゾーンに強く(急騰、急落)で移動すると、ゾーンが壊れる可能性があります
    • 少量による取引の試しでゾーンを確認しています

    プライスアクションを使用して需要と供給で取引するコツ

    • 現在使用している時間枠より長い時間枠で主要な需要ゾーンを見つけて、この価格レベルでレートが来るのを待ちます
    • 現在の取引時間枠でこのゾーンでのプライスアクションを確認します
    • メジャートレンド(支配されたトレンド)の方向で参加します
    • 今のトレンドが下降トレンドの場合、現在の取引時間枠の供給ゾーンへのレート上昇後、次にショートポジションの弱気反転シグナルを想定します。
    • また、これらの弱気逆転の量(ボリューム)にも注目してください。少量テスト(試し)は良い兆候であり、それらは非常に正確性の高いトレードにつながります。

    より長い時間枠で需要と供給ゾーンを見つける

    ここで1つの例を見てみましょう。

    時間単位でゾーンを見つけます

    • まずはトレンドが上向きか下向き、どちらの側にしたいかを決定します
    • 全体像はどこでサポートされていて、どこに需給レベルがあるのかを確認します。

    供給ゾーンの下に長くある状態は良くありません、レートが需要ゾーンに近づくと、ゾーンを確認するためのプライスアクションの兆候を見なくてはなりません。

    • ローソク足の実体のサイズ、ボラティリティを分析
    • ローソク足のヒゲを分析
    • ローソク足で陰線と陽線の組み合わせを分析
    Comment Form is loading comments...