FXの勉強今日から即戦力!

Menu(項目) fxの勉強(11)

高度なローソク足分析

このページでは、高度なローソク足分析について詳しく説明します。この記事は、以前の記事を理解して読み進めるとより効果的です。まだ読まれていない場合は基本プライスアクションサポートとレジスタンスをお読みください。この記事の一部として、以下のポイントについて詳細に説明します。

高度なローソク足分析

取引におけるローソク足分析

各ローソク足は、買い手と売り手が何をしているか、または市場があなたに何を言っているかを反映していると言えます、そういったローソク足の物語をくみ取る事ができます。

  • サポートは下降傾向に陥る傾向があります。
  • 抵抗は上昇傾向で壊れる傾向があります。
  • SRレベルで狭い範囲がある場合、サポートとレジスタンスは壊れる傾向があります
  • より頻繁にサポートとレジスタンスをテストすると、このレベルが弱まり、レベルが下がります。

サポートとレジスタンスレベルを検証するプライスアクション

レジスタンスレベルで私達は価格が逆転するか、または需要(買い)が供給(売り)を超えると予想して供給(売り)を確認します。

  • ピンバーまたは、はらみ線や、かぶせ線の形でレジスタンスからの拒否を突破する
  • レジスタンスに近づくときの運動量の損失。
  • レジスタンスレベルを突破する事が出来なかった
  • レジスタンスに近づくときのローソク足が小陰線になる

単一のローソク足の拒否(ピンバー)編

確立された下降トレンドでは、ピンバーまたは、はらみ線や、かぶせ線の形でのレジスタンスからの明確な拒否は、レジスタンスレベルを確認する事ができます。

複数のローソク足の拒否パターン(4)

複数のローソク足がサポートとレジスタンスエリアを拒否している場合の方が信頼度が増えます。これは、レートが何度も試されて失敗したことを示しています。複数のローソクが上昇または下降からの抵抗を拒否すると、最終的に下がります(上がります)。以下は、エリアからの複数の拒否ローソク足の例です。

複数のローソク足で下ヒゲを構成して、下降を拒否しています。この後の上昇を見る事ができます。

複数のローソク足で下ヒゲを構成して、下降を拒否しています。この後の上昇を見る事ができます。

複数のローソク足で下ヒゲを構成していますが、サポートレベルを超えて下落します。

複数のローソク足で下ヒゲを構成していますが、少しずつ買い手が押されていく様子です、サポートレベルを突破するパターンとなります。

ここでは、複数の強気の拒否があります。これらはすべて弱気のシグナルであり、ショートポジションか、ロングポジションを終了することができます。

主要なレジスタンスレベルに近づくと、その勢いの喪失が反転の鍵となります。

  • ヒゲがあるより小さな陰線、陽線は、買い手または売り手が力を失っていることを示しています。
  • 長いヒゲのあるローソク足で終わるとさらに状態はいいと言えます。(反転狙い)

強気への転換例

価格はレジスタンスを上回らない

レジスタンスレベルを上回ろうと懸命に努力している買い手は、失敗するたびに供給が来て需要を支配しようとしていることを示しています。

サポートとレジスタンスレベルを否定するプライスアクション

サポートとレジスタンスレベルでのプライスアクションは非常に重要な意味を持ちます。

  • レジスタンスレベルに近くなると、ローソク足の広がりとボリュームが増加します。
  • レートがレジスタンスを超えることなく、それを保持する場合、ボリュームが減少します。

ローソク足の広がりとボリュームが増加するとは

価格が上昇トレンドライン(レジスタンスライン)に近づき、ボリュームが少ない場合は、この時は、突破する力が無いと判断できます。レジスタンスラインがその瞬間に保持される可能性が高いことがわかります。トレンド(抵抗を押し進めるには新規の買い注文が必要です)。出来高が大きく、価格が上昇トレンドラインに近づいている間に、余分な努力のためにトレンドラインが壊れ、その翌日がレジスタンスレベル以上になると予想されます。現在、より高い価格を期待している状態です。少量のダウントレンド(潜在的なテスト)は、この相場で確認する事ができます。

  • ドライブアップ後の価格ホールド(反応不能)レートが下がらない状態。
  • 価格はタイトな取引範囲からレジスタンス価格から再度上昇します。通常では、以前のドライブアップの50%を下回ることはありません。

買い手が売り手を超える主な特徴は、価格が危険なポイント(抵抗)から離れて反応することが繰り返しできないことです。このような高値付近でのプライスアクションでは、通常、ブレイクアウトにつながります。高値を叩く持続的に重いボリュームは、通常、休憩が差し迫っていると言えます。

Comment Form is loading comments...