FXの勉強今日から即戦力!

Menu(項目) fxの勉強(11)

高度なプライスアクション

このページでは、高度なプライスアクションについて詳しく説明します。基本プライスアクションについて詳しく説明したこの記事に進む前に、以前の記事をお読みください。この記事の一部として、以下のポイントについて詳細に説明します。

  • 高値、安値とは?
  • スイング・ハイ、スイング・ローとは?
  • スイング・ハイ、スイング・ローの基準
  • マーケットスイングについて
  • マーケットスイングを分析する

スイングとマーケットの構造

市場(マーケット)の値動きには全く意味がないという事ではありません。それは物語にも似た意味を持ち、必ず読み解く事ができます。

市場は通常、マーケットスイングと言われる値動きで動きます。上昇の後には必ず下降があります。非常に優しい上昇相場では、下降もありますがその長さは上昇を超える事はありません。反対に下降トレンドがメインとなっているような相場では、上昇のスイングは下降を超える長さは起きません。

市場の変化を注意深くさがすことで、このあと上昇するのか、下降するのかについてのヒントを得る事ができます。

スイング・ハイとスイング・ローについて

1スイング・ハイとスイング・ローのイメージ基準


スイング・ハイまたはスイング・ローは、最小5波で構成されています。中央のローソク足は、2つの先行ローソク足と2つの後続ローソク足よりも高く、もしくは低くなる必要があります。


2スイング・ハイとスイング・ローの切り替えのタイミング


  • 最高値が中央もしくは最安値と平行である場合には中央のローソク足が出現していないため、スイング・ハイとスイング・ローの5つの波の1つとしてカウントしません。
  • 2つの隣接する高値または安値のスイングは、高値・安値を共有(重複)させる場合があります。

  • 1:通常のスイング・ハイ
  • 2:ローソク足1本で高値と安値を更新しています。これは、2つの先行ローソク足と2つの後続ローソク足がかぶせ線を形成している為であり、中央のローソク足が5つの点の最高値または最安値でなければならないという要件を満たします。
  • 3:共有カウントによるアップスイングとダウンスイングの両方が起こります。
  • 4:5番目のローソク足は中央のローソク足と同じ高さなので、4:はスイングを形成するために6本のローソク足情報を必要とします。

なぜこのような情報が必要になるのでしょうか?

これらのポイントはランダムではなく、市場によって作成されました。それらはその日その時の変化で需要と供給の力を表しています。 ロング派は市場をスイングの高値以上に動かすことはできませんでした。これは、その時点で、誰もが最高値よりも高い価格でロングポジションを取る事はしなかったことを意味します。この時トレーダーはこれ以上の高値には魅力を示さなかった事になります。

これらのプライスアクションを読むには2つの重要なスキルがあります。

  • スイングピボットが「サポート・レジスタンス」としてどの程度維持されるかを分析する。
  • スイングピボットが「サポート・レジスタンス」として維持されないことの意味を十分に理解する

スイングタイプには2種類あります。

  • High(ハイ)と low(ロー)
  • スイング・ハイとスイング・ロー

3スイング・ロー(押し目)


市場は下落しようとしました。その後、それは止まり、強気の傾向が再開しました。市場はすべての抵抗を押しのけ(高値で変動)、新しいトレンドで高値を更新しました。言い換えれば、市場は下落しようとして失敗したのです。それが押した最低レートはスイングロー(押し目)と呼ばれています。

ポイントBは(SL)スイング・ローではなく、ポイントAが(SL)スイング・ローとなります。

アドバイス:有効なスイング・ローは、トレンドのプライスアクションの中でのみ意味があり、有効な安値を見つけるには、トレンドの開始点と最後の高さを知る必要があります。

ほとんどの相場では、浅い引き戻しの後に、1スイング持続する相場があります。プルバック(押し・戻り)が深くなり、1スイング以上続くポイントで、LOW値(浅い戻り)を形成します。最終的に、このより深いプルバック(押し・戻り)は終了し、トレンドは再開します。強気の上昇トレンドの再開のために価格が直近の高値を上回ったら、安値は安値を更新したのち高値に向かうトレンドとなります。

BポイントはLOW(浅い戻り)となります。Cポイントはスイング・ローとなります。

ポイントB、C、E、FはLOW(浅い戻り)となります。ポイントDはスイング・ローとなります。


4LOW(浅い戻り)になるときに見分ける方法


レートがスイング高水準をクリアしたとき

価格レベルをクリアするには、市場は価格レベルを完全に上回るローソク足を形成する必要があります。これは、ローソク足の安値が価格レベルより高い場合、市場は価格レベルを上回っていることを意味します。

1:前回高値を超えて、なおかつレジスタンスを少しだけ超えているような状態ではLOW(浅い戻り)になります。

2:前回高値を1本前のローソク足が完全に超えて、なおかつ現在のローソク足の終値でレジスタンスラインを完全に超えている状態では、強気相場に進んでいると判断します。したがってLOW(浅い戻り)相場は終了していると判断できます。


5スイング分析でわかる強さと弱さと傾向


  • 勢い
  • スラスト・プルバック

勢いとは?

時間に対するレートの変動率をみます。

レート変動の現在の速度と加速を過去の速度と加速と比較するために、単純にプライスアクションを観察しています レートの動きの傾き(角度)を観察することで、チャートに勢いが見えます。これには訓練が必要です。

同じ概念がチャートのプライスアクションにも適用することができます。運動量の変化は、プライスアクションの傾き(角度)の変化を通じて観察できます。

減速チャート

加速チャート

勢いが強い

勢いが弱い

ローソク足カウント

  • 半サイクルのローソク足の本数を数え、半サイクルを別のローソク足と比較します(前の半サイクル)
  • 各スイングの比較(動きの相対的な強さ)
  • 上昇にどのくらいの時間、下降にどれだけの時間を要したのかを観測する

半サイクルをカウントするには、少なくても一方向にローソク足3本以上は必要となります。

トレンドの起きた時間と動いたレートの差、つまり(時間+距離>時間+距離)=(トレンドの強さ)を知る事ができます。

スイングによる勢い

  • 現在の値動きの勢いを同じ方向の以前の値動きの勢いと比較します
  • 現在の値動きの勢いと前の値動きの勢いを反対方向と比較します

1現在の値動きの勢いを同じ方向の以前の値動きの勢いと比較


さあ、ここから下振れした部分を取り除いて検証します。


上昇スイングの勾配を比較します。これらの値動きの速度が減速していることに着目します。徐々に弱気が押してきています。


さあ、次は下向きの勢いだけを表示して検証します。

上昇スイングとの勾配を比較します。これらの値動きの速度が減速していることに着目します。徐々に弱気が押してきています。

下向きの傾斜B,D,F,とHを比較します。これらの値動きの速度の増加に着目します。これは、弱気の勢いの増加を示しています。弱気の値動きがその強さの兆候を見る事ができます。この特徴では、変化の方向に継続する可能性が非常に高くなります。


2現在の値動きの勢いと前の値動きの勢いを反対方向と比較


現在の強気のスイングと前の弱気のスイングを比較します。または現在の弱気のスイングを前の強気のスイングと比較する

(A)の勾配は(B)の勾配に比べてかなり急であることに着目してください。最新の上昇(B)は、前回の下降(A)と比較して弱さを示しています。強さはまだ弱気の方向にあります。 強気のアップスイング(D)は、最後のダウンスイング(C)と比較して速度の増加を示しています。この時、強さは強気側にあります。 上向きの急激な上昇と比較して下向きの浅い角度は、その強さが強気側にあることを示しています。 レートの動きは強さの方向と弱さの方向のバランスにあります。

Comment Form is loading comments...