FXの勉強今日から即戦力!

Menu(項目) fxの勉強(11)

ローソク足の基本

このページではローソク足について学びます。

  • ローソク足とは?
  • ローソク足だけでわかる簡単な分析の方法5種類

ローソク足とは?

ローソク足は、4本値(始値(はじめね)、最後に付いた値段を終値(おわりね)、最も高い値段を高値(たかね)、最も安い値段を安値(やすね))として買い手と売り手が何をしているかを反映しています。ローソク一つあたりの期間が一日の場合は日足(ひあし)、一週間の場合は週足(しゅうあし)、一月の場合は月足(つきあし)、一年の場合は年足(ねんあし)と呼びます。

ローソク足とは?

ローソク足は、4本値(始値(はじめね)、最後に付いた値段を終値(おわりね)、最も高い値段を高値(たかね)、最も安い値段を安値(やすね))として買い手と売り手が何をしているかを反映しています。ローソク一つあたりの期間が一日の場合は日足(ひあし)、一週間の場合は週足(しゅうあし)、一月の場合は月足(つきあし)、一年の場合は年足(ねんあし)と呼びます。

始値

始値は、その日の最初の取引です。トレーダーが夜通し市場を分析しています。オープン価格はその日の方向性を示唆する事が多いのです。また、前回の終値から始値への変化は、まったく新しい相場を形成する可能性を持っています。

高値

高値は、セッション中に取引された相場の最高点です。高値は、売り手が相場を押し戻すためのコントロールを取り戻す前に、買い手が相場をより高く押すことができた最も遠いポイントです。高値は、売り手の拠点でもあり、買い手の抵抗領域ともいえるでしょう。

安値

安値は、セッション中に取引された最低点です。安値は、買い手が相場を押し上げるためのコントロールを取り戻す前に、売り手が株を押し下げることができた最も遠いポイントです。安値は、価格が下がらないようにするために十分な需要があった領域を表します。例外は、日足の確定が最安値で終わる場合です。相場が安値で取引を終えたとき、買いのサポートが入りません。時間によって安値更新が止まる事がよくあります。

終値

終値は、一日の終わりがどこにあったかを示します。終値は、売買セッションを終了する買い手と売り手の間で合意された最後の価格です。大多数の投資家が最も知りたい価格でもあります。

変化

変化は、前日終値と本日終値の違いです。1日の終値と翌日の終値の差。この差が正の場合、需要が供給を上回っていることがわかります。この差がマイナスの場合、供給が需要を超えて増加していることを示しています。この変化は、おそらく地球上で最も求められている相場データです。

レンジ幅(値動きの範囲)

レンジ幅は、1日を通して為替が取引された値の広がりです。レンジ幅は、ローソク足の最高点と同じローソク足の最低点の間です。それは、バーの上部から、抵抗が低く設定され、サポートが入ったところから測定されます。範囲のサイズは、需要がどれだけ簡単に移動したり、供給が価格を押し下げることができるかについての重要な情報を提供します。レンジ幅が広いほど、通常は需要と供給の力が相場を移動するのが簡単になります。

強気のローソク足シグナル

現在のローソク足の終値が1本前のローソク足の終値よりで終わっている場合。

現在のローソク足の終値が1本前のローソク足の終値よりで終わっている場合は強気とはならない。

弱気のローソク足シグナル

現在のローソク足の終値が1本前のローソク足の終値よりで終わっている場合。

現在のローソク足の終値が1本前のローソク足の終値よりで終わっている場合は弱気とはならない。

5つのローソク足分析

1:ローソク足の上または下までの実体の長さは、常に強さ、弱さ、決断力を示します。スマートマネー(プロの投資家や巨額の投資金)が入る場所で最も重要です。


2:ヒゲが作成されない場合、これは終値の方向に強い市場感情を示しています。そこにアクティブなスマートマネー(プロの投資家や巨額の投資金)が存在します。


3:大陽線、大陰線は強い市場感情を表し、小さな実体を持つローソク足は弱い市場感情を表します。小さい実体の時は大量のスマートマネー(プロの投資家や巨額の投資金)が継続的な動きを観察しています。その時はすでに反対方向に進んでいます。


4:同じタイプのローソク足は、トレンドのどこに表示されるかによって、まったく異なる意味を持ちます。トレンドの開始、トレンドの中間、トレンドの終了、サポート、レジスタンス、または価格帯。ローソク足は、環境を分析する必要があります。ある日の行動を単独で見て、市場を試してみてはいけません。常に価格帯ごとに市場を読み、次に注目ポイントの最後の日のアクションを読み取ります。


5:特定の時間枠が意味をなさない場合は、次に高い時間枠を注目します。値動きが小さい場合は特定の時間枠より低い時間枠に移動し検証します。


Comment Form is loading comments...