FXの勉強今日から即戦力!

Menu(項目) fxの勉強(11)

プロの投資家と取引する方法

このページでは、プロの投資家と取引する方法について詳しく説明します。この記事は、トレンド分析の続きになりますので以前の記事をお読みください。この記事の一部として、以下のポイントについて詳細に説明します。

プロの投資家や機関投資家について詳しく説明した記事は、こちらになります。

  • プロの投資家や機関投資家が参加する3つの兆候
  • 兆候との取引

プロの投資家や機関投資家の参入タイミングには、3つの主な兆候があります。それはプライスアクションとボリュームで見つけることができます。

  • 横ばい相場(もみ合い)エリアでのプライスアクション
  • 積極的な取引の開始
  • 強い反発

横ばい相場(もみ合い)でのプライスアクション

横ばい相場(もみ合い)エリアを探します。プロの投資家や、機関投資家はそこにポジションを蓄積しているので、それらは非常に重要なセクションになります。どの時間枠を使用しても、常にそのような領域を探します。既存のトレンドの継続の為に、このセクションのプライスアクションは非常に少なくなります。

積極的な取引の開始

積極的な取引とは、基本的に大きなレート(急騰、急落)の動きを指します。これは、積極的な買い手が価格を高く押し上げたり、価格を下げる積極的な売り手によって引き起こされます。

このような積極的な売買は、多くの場合、横ばい相場の後に行われます。横ばいセクションでは彼らはポジションを構築しています。そして、彼らがそれを終えた時にトレンドが始まります。

彼らが望む任意の方向にレートを動かすために積極的な売買を開始します。これが彼らがお金を稼ぐ方法です。彼らはゆっくりと気づかれずにポジションを構築し、それらのポジションを収益性の高いものにする為にトレンドを動かし始めます。

レートが速いトレンドで動いているときは、これ以上大きなポジションを配置する時間はそれほどありません。このため、彼らはトレンド開始前にポジションを蓄積しているのです。 以下は、横ばいセクションの後の開始例です。

※彼らについて詳しく説明した記事。

強い拒絶反応(高値圏・安値圏)

強いレジスタンス反応は、高値圏・安値圏でのいずれかから突然の価格の逆転を意味します。

このパターンは、価格が積極的に一方向に向かいますが、すぐにその方向は変化します。買い圧力と売り圧力の反転が起きた時に作られます。例としては、ピンバーと呼ばれるローソク足の種類があります。

しかし、ピンバーだけが強いレジスタンス反応を見分ける唯一の方法ではありません。その他にも強いレジスタンス反応を見分ける方法はたくさんあります。

 すべての強いレジスタンス反応で共通の兆候は、急騰と突然の逆転(2バー反転)です。

このとき、市場の一方の側(例えば、買い手)が積極的であり、その後、突然さらに強く、さらに積極的になる反対側(例えば、強力な売り手)と衝突します。価格はすぐに反転します。その後の方向はより強い側が引き継ぐ事になります。

相手側が引き継いだセクションは、強力な市場参加者が現在の行動を積極的に拒絶し、強力な対抗措置を開始した場所を示すため、非常に重要です。

価格が再び近づくと再び守られる可能性が高くなります。この相場によって知りえる情報は、トレーダーにとって非常に重要なポイントです。それは新しいレジスタンス・サポートゾーンになるのに十分です。

強い反転エリアの例を次に画像と動画で示します。再生時間:59秒

Comment Form is loading comments...