【プロ】fxトレード戦略、大陽線・大陰線を理解するとFXは勝てる

このページでは、WRBトレード戦略について詳しく説明します。この記事は、以前の記事を理解して読み進めるとより効果的です。まだ読まれていない場合はサポートとレジスタンスをお読みください。この記事の一部として、以下のポイントについて詳細に説明します。

WRB(ワイドレンジバー)とは?

それは基本的に周囲のローソク足よりも長い実体を持つローソク足です。大陽線や、大陰線。

WRB(ワイドレンジバー)トレード戦略とは?

すべてのローソク足で、同じ数の契約があり、売買されていることを忘れないでください。

  • ローソク足の価格が高くなる唯一の理由は、買い手が売り手よりも一方向に積極的であること。下降でのWRB(ワイドレンジバー)の場合は逆になります。
  • WRB(ワイドレンジバー)の重要性は、需要と供給の両方を識別および測定できるチャートの数少ない場所の1つであるということです。WRB(ワイドレンジバー)は需給ゾーンから発生します。それは、トレンドを観察する需給ゾーンを簡単に特定できるということです。

もう少し詳しく説明します。

単一のローソク足がその性質上、需要と供給(サポート/レジスタンス)の領域であることを知る必要があります。 強気のWRB(ワイドレンジバー)の例を見てみましょう。強気のローソク足は、売り手よりも買い手の数が多いことを示しています(ここでは何も新しいことはありません)。しかし、この情報はすでに起こったことに基づいています。これは、将来の取引決定にどのように役立つのでしょう。

答え

強気のローソク足は、将来的に売り手のプールがある価格を教えてくれています。

買い取引を開始したばかりで、価格が上昇し始めたとしましょう。あなたの取引は利益を上げています。ただし、すぐにレートがエントリーポイントの近くに戻り始めていることに気付きます。あなたならどうしますか?あなたは利益に固執する事でしょう。そして、それが再び上に昇るのを待ちます。しかし、価格がエントリーポイントにさらに近づいて上下し続けると、次に何が起こりますか?

トレーダーは、損益分岐点で取引から抜け出すことを考えるか、ほとんどのトレーダーはすでに損益分岐点にストップロスを移動しているでしょう。そうでない場合は、市場が損益分岐点に近づくとすぐに手動で買い取引から抜け出します。 そのため、この広範囲のWRB(ワイドレンジバー)に沿って買い取引に参加したすべてのトレーダーは、現在、取引を閉じるために売りを探しています。したがって、WRB(ワイドレンジバー)は、以前の買い手が以前の(買い)取引を閉じるために売りたいと考えている価格の範囲を表しています。

多くの個人トレーダーがこのような取引になっています。

WRB(ワイドレンジバー)で取引する方法

WRB(ワイドレンジバー)で取引する方法は非常に簡単です。

  • 初動(突然動き出す)
  • クライマックス
  • 転換点でのローソク足

初動(突然動き出す)

トレンド中にローソク足が横向きの相場でブレイクアウトとして、または新しいトレンドの始まりとして発生した場合。それはこの後のトレンドの強さを表しています。

クライマックスパターン

それが確立されたトレンドの終わりに発生す時はいつでもクライマックスの兆候となりえます。それはトレンドの終わりを表していて、近い将来に起こりうるトレンドの変化や、またはそのトレンドが今後の取引範囲になります。

転換点でのローソク足

転換点でのローソク足の使用

  • スイングを識別する為(最高点と最低点の間の距離がスイングとなります)
  • ストップロスの配置用

転換点でのローソク足を使用してスイングを識別する、 最後のWRB(ワイドレンジバー)を特定します。最後のWRB(ワイドレンジバー)の上、または下で閉じる反転バーを探します。

非常にまれな状況で、明確な反転パターンを形成せずにレートが反転します。このような稀なケースを極力回避する為に、転換点でのローソク足を使用してストップロスを配置します。 それでは、逆トレンドの動きが一時的なリトレースメントになるのか、それともトレンド転換になるのかをどうやって知るのでしょうか?ここにコツがあります。 まず、私がさまざまなローソク足のパターンと呼んでいるものを特定する必要があります。ローソク足がWRB(ワイドレンジバー)の始値を超えて閉じると、トレンド転換が発生する可能性があります。そうでない場合、それは単なるリトレースメントです。

ここで注意しなくてはいけない事は、最後の陽線の終値は、最後のWRB(ワイドレンジバー)の始値を上回っていませんでした。これは、市場参加者のほとんどが、ポジションを終了する売り手から来る可能性があることを意味します。レートが逆転する可能性が高いと言える前に、市場参加者からのより多くの購買意欲を確認する必要があります。

さて次に何が起こるか見てみましょう。

専業トレーダープランでのWRB(ワイドレンジバー)

WRB(ワイドレンジバー)の使用法はさまざまで、とても重要なトレード戦略になります。専業トレーダープランでは、最も効果的なWRB(ワイドレンジバー)の扱い方を学びます。

  • WRB(ワイドレンジバー)の大きさの目安
  • WRB(ワイドレンジバー)の出現を狙う方法
  • WRB(ワイドレンジバー)の出現タイミングの考察
  • WRB(ワイドレンジバー)を挟んだトレード戦略
  • WRB(ワイドレンジバー)が出現してからのトレード戦略

などがあげられます。

Twitter& Instagram

最新の更新情報はこちらから

Traders Bible Webの紹介!

Traders Bible Webの紹介!

プロのスキルを効率よく学べるWEBコンテンツ!

閉じる

Traders Bible Webの紹介!

Traders Bible Webの紹介!

プロのスキルを効率よく学べるWEBコンテンツ!

閉じる