FXの勉強今日から即戦力!

Menu(項目) fxの勉強(11)

ヘッドアンドショルダー

このページでは、ヘッドアンドショルダーについて詳しく説明します。この記事は、以前の記事マルチタイムフレームについてを理解して読み進めるとより効果的です。まだ読まれていない場合は以前の記事をお読みください。この記事の一部として、以下のポイントについて詳細に説明します。

ヘッドアンドショルダーパターン

Head and Shoulder Pattern

ヘッドアンドショルダーパターンは、強気から弱気へのトレンド転換の可能性を示しています。そしてその逆はインバースヘッドアンドショルダーパターンと呼ばれ、弱気から強気へのトレンドの転換の可能性を示します。これらは4つのパーツで構成されています。

4つのパーツ

  • 左肩(The left shoulder)
  • 頭(The head)
  • 右肩(The right shoulder)
  • ネックライン

ヘッドアンドショルダー解説

左肩(The left shoulder)

市場は引き戻しを行います。この段階では、トレンド市場でプルバックが定期的に発生するため、市場が逆転するかどうかを判断する方法はありません。左肩が大きなボリュームで上に移動し、小さなボリュームで後戻りします。

頭(The head)

市場は壊れ、以前の高値を上回って取引されます。ただし、売り手は制御を取り、価格を前の安値に向けて下げます、この時ネックラインを形成します。左肩よりもボリュームが小さいと高値(頭)が高くなり、左肩の下に戻るように戻ります。

右肩(The right shoulder)

買い手は価格を引き上げようと最後に試みますが、以前の高値(頭)を更新は失敗に終わります。次に、売り手が制御を取り、価格をネックラインに向けて押し下げます。頭よりも低いボリュームで最初に低い(右肩)を形成します。売り手は支配権を握り、ネックラインを破るまで確認されていない以前の上昇よりも多くの注文量でレートを下げます。

ネックライン

ネックラインは、買い手にとって最後の防御線です。大量の売り注文でレートがそれを下回った場合、市場は下落し、下降トレンドの始まりを意味する可能性があります。

ヘッドアンドショルダーの種類(パターンタイプ)

ヘッドアンドショルダー失敗パターン

価格がネックラインを通過し、ネックラインが下側で突破された場合ヘッドアンドショルダーパターンの完成となります。トレンド開始初期がおそらく悪材料であったことを示す深刻な警告となります。これらは明白な理由となりえます。トレンドの開始が再び再開します。

ヘッドアンドショルダーが失敗した時

  • 強いトレンドが直前にある時
  • パターンの持続時間が短い時

ヘッドアンドショルダーパターンが強いトレンドの中で現れた場合

ヘッドアンドショルダーパターンの前の先行トレンドが強い上昇傾向にある場合、単純なヘッドアンドショルダーチャートパターンが全体の動きを逆転させる可能性はほとんどありません。

ヘッドアンドショルダーパターンの持続時間が短い場合

パターンの完成に時間がかかる場合、傾向を逆転させる可能性は低くなります。その複雑な引き戻し形成に時間がかかるヘッドアンドショルダーは、形成にかかる時間が短いヘッドアンドショルダーよりも重要です。なぜなら、市場がより多くの時間パターンのネックラインを突破すると、多くのトレーダーが「捕らえられ」、エグジットへの駆け込みが売り圧力を増大させるからです。

ヘッドアンドショルダーのエントリー条件と方法

    <<条件>>

  • 上位時間枠は下降傾向にある
  • 上位時間枠のレジスタンスで形成されるヘッドアンドショルダーのパターン
  • ボリュームの確認

    <<方法>>

  • ネックラインの狭い範囲をブレイクアウト
  • ネックラインのブレイクアウトテスト
  • 最初の引き戻し
  • プロのエントリー

ネックラインの狭い範囲をブレイクアウト

価格はネックラインまで下がり、狭い範囲を形成します。価格がネックラインからブレークダウンしたときにエントリーし、タイトなレンジより上にストップロスを配置します。

ネックラインのブレイクアウトテスト

多くの場合、ヘッドアンドショルダーは、タイトな範囲を形成せずに壊れる可能性があります。こうなるとチャンスを逃す事が多くなります。タイトレンジを形成せずに市場が崩壊(突破)した場合には、引き戻しが発生するのを待ちます。

ネックラインからの価格とネックラインの少量テスト(プルバック)は、高い確率で短いトレードチャンスとなります。ここで注目するのは、抵抗として機能する可能性のあるこの以前のサポート(ネックライン)です。市場がこの領域(ネックライン)に入って拒否された場合、これは現在、短期トレードを探すのに適したトレードポイントです。このときストップロスはちょうどネックラインの上に置くことができます。

最初の引き戻し

  • タイトレンジを形成せずに市場が崩壊(突破)した場合、引き戻しが発生するのを待ちます。
  • 市場が低ボリュームで(プルバック)(フラグまたはタイトな範囲)を行い、狭い範囲で上昇する値動きを実行する場合、安値のブレイクでショート(売り)します。
  • ストップロスを(プルバック)の高値より上に設定します。

プロのエントリー

  • 市場が左肩と頭を形成するのを待ちます。
  • それが形成された後、価格が低い方のローソク足と低いボリュームでヘッドに向かって上昇します。
  • 価格がそれ以上の上昇を拒否された時に短くなります(Bearish Engulfingパターン)
Comment Form is loading comments...