FXの勉強今日から即戦力!

Menu(項目) fxの勉強(11)

トレンドとデイトレ

このページでは、トレンドとデイトレについて詳しく説明します。この記事は、需給ゾーンで取引する方法の続きになりますので以前の記事をお読みください。この記事の一部として、以下のポイントについて詳細に説明します。

  • デイトレのコツ
  • 詳細な相場の構造
  • 上昇トレンド、下降トレンド、横ばい相場の取引
  • トレンドの種類
  • トレンドの分析
  • トレンドの終了を見極めるコツ

デイトレのコツ

デイトレードのトレンド分析が必要なのはなぜ?

現在の相場でトレンドがない、もしくは質の悪いトレンドでの取引は、一般的に、最も大きな失敗の理由に入ります。良質なまたは強いトレンド傾向は、予測可能な値動きをもたらします。 トレンドと戻りの制御された相場環境では、需要と供給の発生時にトレンド転換の確実性を高めます。反対にボラティリティの低い相場傾向は予測がつきにくい相場となります。 トレンドの制御されていない相場環境では需要と供給への引き戻しにより、トレンド逆転の予測が難しいものになります。

市場は大きくは4つの段階で構成されています。

  • 横ばい相場(蓄積)
  • 上昇トレンド
  • 価格帯(蓄積)
  • 下降トレンド(蓄積)

横ばい相場(蓄積)

このプロセスは蓄積と呼ばれます。蓄積段階では、長期的な下降トレンドの後のレンジ相場のように見えます。 サポートとレジスタンスの間で取引するとき、市場はその範囲(価格帯)にあります。レートはレジスタンスとサポートの間で行き詰まっています。その先の方向を予測する事はしません。

一般的にこの蓄積段階では

  • 通常または、それより小さい範囲のローソク足で構成されます。
  • 陰線、陽線の両方が交互で構成されている
  • ボリュームが小さい
  • 横ばい相場の時間が長い
  • 狭い範囲の価格

時間の経過とともに、トレーダーが安値の近くでロングポジションを、高値の近くでショートポジションを取るため、横ばい相場ではトレンドは方向を変える事はありません。

市場がここから反転するという保証はありません。しかし、このとき売り手が弱くなっていて、買い手が支配波を作りだすと、現在レートをレンジ間の最高値より高くする可能性があることに注意する必要があります。

3種類のエントリー方法

  • 安値からのエントリー
  • レンジ間ブレイクのエントリー
  • 戻りからのエントリー

取引時間枠の安値が、それより長い時間枠でのサポートラインと一致する場合、市場が一段高にブレイクする確率が大幅に増加する事を示唆しています。長い時間枠では強気相場ですが、下位時間枠では下降相場です。短期時間枠のトレンド傾向は長い時間枠の抵抗帯で止まります。

上位枠でのサポートラインが短期枠の転換点になる。

ゾーンの信頼度はレートが需給ゾーンをどのように離れたのかを分析する方法があります。

レートがゾーンから離れ強くなるほど、そのゾーンでの需給バランスが崩れます。重い大量の注文は彼らによって行われています。

つまり、デイトレードでは毎日の時間枠でレートがサポートゾーンに到達するのを待ってから、現在の時間枠でのトレンドブレークを探します。

上昇トレンドの特徴

相場を支配する彼らは積極的に価格を引き上げています。その進行段階は基本的に価格の上昇と下降をともなうような上昇トレンドです。市場は上下に動く 健全な強気相場では、上昇スイングは一般的に下降スイングの長さを上回り、高値は高値更新を呼び、戻り安値は一段高くなります。これは下降相場にも同じ事が当てはまります。

一般的な進行段階

  • 陰線よりも陽線の方が強気です
  • 強気のローソク足は弱気のローソク足よりも大きくなります
  • ボリュームは上昇スイングで増加し、下降スイングで減少します

レートが供給ゾーンにあるため、早い段階の買い手は利益を取り始める頃です。売り手は市場を下げようとするため、この段階では取引を一旦お休みする必要があります。

多様なトレンドの種類

  • 強い傾向
  • 健全な上昇トレンド
  • 弱い傾向

トレンドの種類は大きく分けて3種類に分類できます。以下ではトレンドの種類を説明しています。

強い上昇傾向の特徴

  • 強い上昇傾向では、買い手は売り圧力がほとんどなく、制御されている状態です。
  • この傾向は、LOWボリュームで浅いプルバック(横ばい相場の戻り)になると予想できます。
  • 20ema~50emaを超えてかろうじて上昇します。
  • 強気の横ばい相場では弱気な陰線以上が出現します

下記画像では、市場がほとんど下降しなくなり、その後より高い取引を続けるため、引き戻しに入るのを拒否します。このようなトレンドで取引する簡単な方法はブレイクアウトになります。

健全な上昇トレンド

健全な上昇トレンドでは、買い手は依然として売り圧力を制御しています(おそらくトレーダーが利益を上げているか、トレーダーが逆トレンドのセットアップを待っている状態です)。 この傾向では、通常20emaに向けてまともなリトレースメントがあると期待できます。狭い範囲またはより小さな陰線で構成された浅い戻り相場になります。

20ema参考
  • 安値更新をテスト
  • ボリュームが増加する大陽線
  • 戻りをテストする、下ヒゲ多発ゾーン
  • レンジブレイクをテスト
  • サポートゾーンをテストして安値確認

弱い上昇傾向や、不安定な傾向

  • 弱い上昇トレンドでは、買い手と売り手の両方がほぼ同等の力関係であり、買い手はわずかに有利です。
  • 市場が20emaを超えて急な反発で取引をすることができます。
  • 一般的にはプライスアクションは途切れたものになります。
  • 市場は高値を突破して、ブレイクポイントに戻るだけです(これは、フェイクブレイクアウトになります)。戻りは、マイナーな需要(マイナー価格帯)またはマイナーな供給の領域を突破することがよくあります。
  • 始値の大部分は、以前の範囲の50%以上になります。
  • 終値は前のローソク足の方向に移動しない可能性があります。
  • 不確実な値動きが続きます。

この相場傾向で取引する最良の方法は、サポートまたはレジスタンスです。

トレンドの終了を見極めるコツ

相場が特定の時間枠で2度戻り安値と2度の高値更新が起きた時に、上昇トレンドは終了します。相場が特定の時間枠で2度の戻り高値と2度の安値更新をした場合、下降トレンドは終了します。

Comment Form is loading comments...