為替の法則を理解して将来のレートを予測する簡単なロジック

ファンダメンタルズ分析


本記事では、ファンダメンタルズ分析のみで取引を成功させるコツ、ドル円のレートを予測する方法について書いています。
ファンダメンタルズ分析とは

経済活動等の状況を示す基礎的な要因をもとに分析すること。例えば、一国経済を分析する際の基礎的条件は、経済成長率、物価上昇率、失業率、財政収支の赤字(黒字)率、経常収支の赤字・黒字額などの指標を使う。また、株式においては、株式の本質的価値(ファンダメンタル・バリュー)を決定する企業の財務状況や業績状況のデータをもとに分析し、PER(株価収益率)、PBR(株価純資産倍率)、ROE(株主資本利益率)などが代表的な指標として使われる。企業のファンダメンタルズ分析では、株式の本質的価値と市場価格にギャップが存在しても、いずれは本質的価値が市場で実現されるという考え方を重視する。ファンダメンタルズは、突発的な出来事を除くと一朝一夕に変化するものではなく、また、投資家にはなかなか伝わりにくいものである。相場動向を予測するには、日々変動する株価の過去の値動きの傾向をもとに売買のタイミングを捉えるテクニカル分析も、ファンダメンタルズ分析と並行して使われる。

https://www.nomura.co.jp/terms/japan/hu/fundame_a.html#:~:text=%E7%B5%8C%E6%B8%88%E6%B4%BB%E5%8B%95%E7%AD%89%E3%81%AE%E7%8A%B6%E6%B3%81,%E3%81%AA%E3%81%A9%E3%81%AE%E6%8C%87%E6%A8%99%E3%82%92%E4%BD%BF%E3%81%86%E3%80%82

FX初心者に優しい海外FX口座・レバレッジ1000倍だから少額で出来る!

オススメ口座

https://fxgt.com/ja/..>>fxgt

新規登録で12,000円がもらえるキャンペーン中!

為替レートの法則を理解する

最も重要視される金融政策

為替レートは、さまざまな要因で変化します。為替レートが最も大きく変動するのは、金融政策による変動になります。

金融政策では、金利を上げたり、金利を下げたりして市場に流れる通貨の量をコントロールする事になあります。ここで言う金利とは、日銀が、銀行に貸し出す際の金利を指します。

金融政策とは、公開市場操作(オペレーション)などの手段を用いて、金融市場における金利の形成に影響を及ぼし、通貨および金融の調節を行うことです。

https://www.boj.or.jp/mopo/outline/index.htm/

為替レートの法則

最も有力な為替レートの法則

為替レートは両国間のおかねの相対量で決まる

お金の相対量とは

お金の相対量とは、日本ならば、円の総量です。米国ならば、ドルの総量です。
ここでは円の総量とドルの総量を指しています。
為替レートは【円とドルの総量を割る】と現在のレートに近い数字になります。ファンダメンタルズ分析でトレードする際には
【ニュースを分析する→円の総量を計算する→ドルの総量を計算する=将来のレートを割り出す】
といった手順でトレードの材料にする事ができます。

金融緩和と金融引き締めの変化の違い

金融緩和と金融引き締めの変化の違いを図で表すと以下になります。
円が相対的に多くなれば、希少性が下がるので円安になる。円が相対的に少なくなれば、希少性が上がるので円高になる。日本が金融緩和をすると日本のお金の量を増やすので結果円安に傾く。
逆に、日本が金融引き締めをすると…
金融引き締めでは、お金の量を減らすので結果円高に傾くことになります。

金融政策のファンダメンタルズ分析ポイント

ここでのポイントは金融緩和が、お金の総量を増やす事につながるという点と、金融引き締めでは、お金の総量を減らす事になるという点になります。

—-ドル
現在660兆円6兆ドル
計算式660兆円/6兆ドル=110円/ドル
将来720兆円5.4兆ドル
計算式720兆円/5.4兆ドル=133円/ドル

金融政策により1ドルがいくらになるのか?計算のポイント

この計算ロジックのポイントは、将来の円、ドル総量の予想にあります。

現在の金融政策を元にどのくらい総量が変化するのかを調べる必要があります。もし的確にここの数値が分かれば計算は簡単になります。その結果将来的な為替レートを的確に予想する事が出来るようになります。

例えば、日本の金融緩和では、将来的に720兆円になりそうだ。
米国の金融引き締めでは、5.4兆ドルくらいになりそうだ!と分かば、現在の為替レートが割安なのか割高なのか判断する事が可能になり、その方向に取引をするだけでとても簡単に利益を上げる事ができます。これがファンダメンタルズ分析の取引方法になります。

現在の円の総量、ドルの総量を調べるにはこちら

【日本】 https://www.boj.or.jp/statistics/money/ms/index.htm/

【米国】 https://www.federalreserve.gov/releases/h6/

このような取引方法はファンダメンタルズ分析になります。理屈がわかってもやっぱり難しいと感じている人は、テクニカル分析を勉強する方がずっと簡単に思うかもしれません。

テクニカル分析

テクニカル分析では、まったく違ったアプローチになります。将来的な値動きを予測する方法をチャート使って行うようになります。

テクニカル分析をもっと簡単にする方法は、トレード手法を使う事です。トレード手法とは、あらかじめ決められたロジックの中で繰り返し取引を行うという単純な作業で、初心者でも簡単にFXトレードをする事が出来るようになります。
▼初心者でも簡単に取引を始める事ができるトレード手法はこちら

専業トレーダープラン月額を開始!

専業トレーダープラン月額を開始!

専業トレーダープランを月額33,000円で始める事が出来ます。

閉じる